宅建対策に使える記憶術はどれか

みなさん元気ですか、亀井です。今年は猛暑なので、夏バテぎみの人もいるのではないでしょうか。暑いのでザル蕎麦やソウ麺など冷たいものが食べたくなりますが、そういったものは栄養が足りないので、夏バテになりやすいそうです。僕は不動産の営業という仕事柄、歩くことが多いので、食事には気を使っています。体力勝負だということですね。

宅建の勉強もしないといけないので、脳の栄養も考えて食事をとっています。具体的には、魚を食べる等です。魚の油に含まれるDHAなどが記憶力と関係あるからですね。DHAというのは、ドコサヘキサ塩酸でしたっけ。もちろん、僕は魚を食べても、暗記は苦手ですよ。ですので、記憶術を習得することにしたのですね。

まあ、自分なりに記憶術に関する情報をリサーチした結果、試験に受かるユダヤ式記憶術が宅建士試験に適しているのではないかという結論に至りました。円周率のようなものを大量に暗記して人と競うわけではないので、試験に受かるための記憶術が望ましいのです。暗記や記憶もショー的な一面があり、記憶王決定戦みたいなテレビ番組もありましたからね。ユダヤ式記憶術は試験対策のために考案されたものなので、宅建対策としては問題ないでしょう。

ユダヤ式記憶術の考案者は松平勝男という人で、東大卒の秀才で、予備校講師をしていたことがあり、各種教材の制作に携わっているようです。つまりは、松平勝男は学習や教育の専門家といったところでしょうか。ユダヤ式記憶術はネット通販で販売されている教材なので、公式ホームページを熟読してから、近いうちに注文してみようと思います。ユダヤ式記憶術の購入後は、当ブログにてお知らせできると思います。